スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


作業療法士が行なう作業療法

作業療法は、理学療法のあとを引き継いで取り組むケースが多いので、働く職場は理学療法士とほぼ同じで、医療機関・医療と福祉の連携施設・福祉施設となります。
福祉現場でのスタッフの数は医療現場に比べればまだ少数ですが、社会全体でリハビリの重要性が広く認識されつつあり、作業療法士に対する福祉分野でのニーズが高まってきています。

作業療法士が行なう作業療法

作業療法士が行なう作業療法には、日常生活に必要な動作の訓練や機能回復の訓練などがあります。患者が知的障害者の場合は、レクリエーションなどを通じて情緒面に働きかけ、感情表現の発達を促すことも仕事の一つです。
作業療法の目的は、障害のある人に残っている能力を最大限に引き出し、回復後の自立生活、社会生活、職場復帰へ向けて身体条件、精神条件を整えることにあります。
 

心理判定員の任用条件

心理判定員とは、障害者や児童の自立を助けるために、心理状態を調べて判定し、援助計画を立てることを仕事とする専門職です。
心理判定員になるための任用条件は、精神保健に関する学識経験を有する医師、大学で心理学を専攻したか、これに準ずる資格を有する者、の2つです。
臨床心理士の資格を持っていると、採用に有利になる場合もあります。

心理判定員の仕事

児童相談所などでは、心理判定員が各種の心理検査や面接などを通じて児童の心理判定を行ない、臨床心理士などの心理療法の専門家が児童への指導や両親へのカウンセリングを行ないます。
しかし実際には、その両方を同じ職員が兼務しているのが一般的です。
また、心理判定員が国家資格になっていないため、一般の職員が心理判定員の仕事を行なっていることも多いのが実状です。

活躍する健康運動指導士

JUGEMテーマ:国家資格全般
今や健康運動指導士は、病院や老人・介護施設などで、症状改善のためのサポートだけでなく、フリーで活動し、フィットネスクラブや学校などで、若年層に対しての運動の習慣化サポートを行なう人も増えています。
生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防策の普及にも力を発揮し、その活躍の場を広げています。

急務な健康運動指導士

健康運動指導士!なぜ、急務なのか?
答えはドロドロ血。血の塊を作る要因で、血流を滞らせ、詰まりの原因になったり、血管に負担を与え、血管が破れる原因になりします。それは、日本人の死因の上位にあたる脳卒中や心疾患につながり、肥満・高血圧・高脂血症・高血糖がそのドロドロ血を作ってしまいます。それがいわゆるメタボリックシンドロームで、予防・対策である運動不足解消を的確にサポートするのが健康運動指導士なのです。

資格には


資格には国家資格民間資格公的資格などがあります
あなたが資格取得を考えている場合、まずは、どのような資格があり、それが国家資格なのか民間資格なのかをしっかりと調べるようにしましょう。
民間資格の場合は、取得しても就職などの役に立たないこともあります。もちろん役に立つこともあります。

国家資格は、ほとんどの人が何らかの形で、一つか二つは持っているはずです。
たとえば、自動車免許なども、立派な国家資格の一つなのです。
また、高校卒業資格や、大学卒業資格も、国家資格といえるでしょう。専門卒業資格については、政府から認可を受けていない専門学校などもあるので、一概に国家資格と分類することはできません。

幼稚園教諭免許や保育士の免許

富山国際大学では、何か資格を取ろうと思えば十分対応できるという子ども育成学部を設置予定で、幼稚園教諭免許や保育士の免許だけでなく、小学校教諭免許も取得できることを想定された。

今の世の中、幼稚園と小学校の複数資格を持つ人材が求められているという。確かに、どこに就職するかは分からなくても、両方の資格を持っていれば安心ということですね。

福祉住環境コーディネーターの資格

家の構造に不便があって、お年寄りや障害のある人が家の中で動くのに不自由したり、せっかくの福祉機器や介護道具が活用できなかったり、という不都合を解消するために、医療や福祉、建築などの専門家と連携して、個々のニーズにあった住宅の整備を提案していく中、注目されている福祉の仕事が「福祉住環境コーディネーター」です。
高齢化にともない、住む人の体力の衰えや障害に合わせた住環境作りが求められているんですね。

通訳・翻訳の資格試験

近年では、企業、メディアの国際化に伴い、通訳・翻訳家の需要が急激に増加しています。
しかし、通訳や翻訳家を目指す場合、ただ単にTOEICやTOEFLの点数を上げるだけでなく、別の資格にチャレンジしている人もたくさんいるようです。

通訳や翻訳の資格試験にも色々なものがあります。

一般的にはテレビや書籍でしかパフォーマンスを表に出せない通訳・翻訳家ですが、実は政治・ビジネス・学術、技術職の分野でもニーズが高いので資格を取得することによりコミュニケーション能力が求められる近年では、今後も注目される職業につけることでしょう。