<< 合格率低い日本語教育能力検定 | main | 民間資格について >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国家資格とは

資格の種類には大まかに分けて国家資格と民間資格とがあります。
国家資格とは、国家試験等によって個人の能力や技能を判定し、特定の職務に従事する資格を付与するものとなっています。
国家資格と民間資格との大きな違いは、国家資格には法律の裏付けがあるところですね。

国家資格は、有資格者には、知識や技術が一定水準以上に達していることを、国によって認定されるものが国家資格と言います。

・弁護士などの資格習得が業務遂行のための、必須条件となっている業務独占資格
・中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格
・特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格
などがあります。

取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高い資格になります。
中には講習だけで取れる資格もあります。

スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • 13:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

selected entries
categories
sponsored links