<< 速記技能検定 | main | 国家資格とは >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


合格率低い日本語教育能力検定

日本語教師という職業は主に外国人に対して日本語を教えるのが仕事です。
実は日本語教育というのはとても難しい仕事なのです。日本語教育能力検定の試験レベルは大変高く、広い範囲から出題され、試験合格率は20パーセントを切っています

日本語教育能力検定の受験者には、海外生活の経験があり、いずれ海外での就職を希望している人が多いです。
海外での生活経験がなくてもこの資格を取得することはできますが、やはり外国人に対する深い理解力は必要となってきます。

資格を取得して海外で働くには、公的機関か民間教育機関から派遣されて、主にはアジア・オセアニアになりますが、現地の語学学校で日本語を教える、というのが一般的になります。
また、国内の日本語学校の多くは、日本語教師の養成講座を併設しており、卒業生から採用する場合がほとんどです。

そのため、国内の日本語学校に就職を希望するなら、まずは非常勤講師として経験を積んでから専任へと段階を踏みます。

スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

selected entries
categories
sponsored links