スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務と就職


医療事務の仕事を求めるには、ただ単に、医療事務をしたいというだけで就職先を決めずに、よく考慮してから決めたほうが、やりがいもでてくるでしょう。 

働きたい、仕事をしたい、病院を決めるには、
・自分はどのようなタイプなのか?
・どのような医院で働きたいのか?
・希望する時間帯は?
などを、考えておくことが大切です。

また、実際に仕事をしたい病院が見つかったら、病院の情報を得てみてはいかがでしょう?
現在では、病院もホームページなどを作っているところが多いですから、どのような雰囲気なのか、病院の目指している医療はどのようなスタイルなのかが分かって、参考になるかもしれませんね。

応募資格や給与関係なども、気になるところです。
知りたいことは、病院へ電話をすれば、担当者が教えてくれますが、病院は始業時と終業時は混み合うところが多いので、電話をする時間帯も配慮が必要です。
電話での印象は、後の面接に影響することもありますから、話し方や言葉遣いには十分 注意しましょうね。


医療事務の仕事をするには

女性がたくさん活躍している医療事務の仕事は、細やかな気配りや対応を求められる仕事です。
当然、女性ならではの人間関係の問題も多いのが現状です。
一匹狼の「独りでも気にならない」というような仕事が、できるような職種ではありません。

コミュニケーションがいかにとれるかは、自分の居心地の良さうんぬんではなく、医師や看護師、周りのスタッフが、円滑に医療を進める上でも、たいへん重要になってくるのです。 

医療事務の仕事がしたいと思っても、どこで仕事をしたいのか、何がしたいのかによって、その内容もかなり変わってきます。

大きな病院では、患者数が多いために、仕事をこなすスピード力は身につきますので、その分野ではプロになれるでしょう。

また、診療所では、規模が小さいほど、ありとあらゆる仕事をこなさなくてはいけませんから、オールマイティな能力が、身につくはずです。

selected entries
categories
sponsored links