スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一級小型自動車整備士の資格取得

一級小型自動車整備士の資格取得者が、気仙で第一号!!自動車整備士の資格取得者の方には、普段からお世話になっているので喜ばしいことです。頑張って下さい。

大船渡市大船渡町の(有)城山サービスに勤務する鈴木朝夫さん(40)が、一級小型自動車整備士資格を取得した。県自動車整備振興会大船渡支部によると、気仙では第一号の合格者といい、同組合では今後の資格取得者増加に期待を寄せている。整備士資格試験は、昨年十二月から今年二月にかけて二種類の学科試験と実技が行われ、全国から約三千人(筆記、実技免除者含む)が挑戦し、八百五十一人が合格。県内の合格者は十一人だった。一級整備士は五年前から資格試験となった。
鈴木さんは数年前に講習会に参加したのを契機に、資格取得を目指した。合格率14%の筆記試験が難しかったといい「法葎も次々と変化している。口述試験、実技は普段の業務のやり取りと変わりがなかった」と振り返る。鈴木さんは二級資格を取得した二十歳から同社で勤務し、車両整備を担っている。 鈴木さんは、整備技術コンサルタントの資格取得にも意欲を見せている。同支部では「整備士資格は技術だけでなく、良きアドバイザーとして精通していなければならない。今後さらに資格取得者が増えてもらいたい」と話し、自動車整備従事者の資格取得に期待を寄せている。(出典:東海新報)

介護資格

「ホームヘルパーの資格を取るにはどの学校がいいの?」とか、「ホームヘルパーの資格だけでは不安。」とか、「上位資格を取らなければ今後が心配・・」というような質問をいただくようになりました。
たくさんの方々がご存知のように、介護の仕事というのは、ホームヘルパー2級の資格から始めると、キャリアアップが確実にできます。介護福祉士の専門学校に入る新卒の方々以外だと、ホームヘルパー2級の資格を取ることにより始める人々がとても多いのではないかと思います。

例えば。ホームヘルパーを3年頑張って、介護福祉士。さらに2年頑張って(ホームヘルパー2級からは5年です)ケアマネージャー。それらと合わせて、社会福祉士の資格をとれば、準備は十分だと思います。こうゆうふうにやって起業される方々もいます。上位資格を目指してホームヘルパーなどの仕事を頑張っている人は多いですね。い、ほとんどそうかもしれません。もちろん、私も視野にいれています。その理由は、将来にはホームヘルパー2級だけでは仕事ができなくなるだろう・・と思うからです。ホームヘルパー2級の資格で仕事をしている私は、将来は介護福祉士をとる必要性があると思います。しかし、そのために今から介護福祉士養成学校に行くには金銭的にも時間的にも余裕がありません。現在の仕事で介護実績を積み、受験資格を得るまで頑張ろうと思っています。

建築の資格試験

建築士とは、建築士法(1950年(昭和25年)5月24日法律第202号)に拠って定められた国家資格。
建物の設計、工事監理等を行う技術者であると定義されている。
年1回行われる建築士試験に合格し、管轄行政庁(国土交通大臣または都道府県知事)から免許を受け、名称を用いて設計、施工などの業務を行う者を言う。

建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の三種類の資格があり、建物の設計を行うには、建築士試験に合格し、建築士の資格を持っていなければならない
また、一級建築士の試験を受けた資格取得者でなければ設計できないもの、二級建築士・木造建築士資格取得者が設計できるもの等と規定されている。

通訳・翻訳の資格試験

近年では、企業、メディアの国際化に伴い、通訳・翻訳家の需要が急激に増加しています。
しかし、通訳や翻訳家を目指す場合、ただ単にTOEICやTOEFLの点数を上げるだけでなく、別の資格にチャレンジしている人もたくさんいるようです。

通訳や翻訳の資格試験にも色々なものがあります。

一般的にはテレビや書籍でしかパフォーマンスを表に出せない通訳・翻訳家ですが、実は政治・ビジネス・学術、技術職の分野でもニーズが高いので資格を取得することによりコミュニケーション能力が求められる近年では、今後も注目される職業につけることでしょう。

福祉住環境コーディネーターの資格

家の構造に不便があって、お年寄りや障害のある人が家の中で動くのに不自由したり、せっかくの福祉機器や介護道具が活用できなかったり、という不都合を解消するために、医療や福祉、建築などの専門家と連携して、個々のニーズにあった住宅の整備を提案していく中、注目されている福祉の仕事が「福祉住環境コーディネーター」です。
高齢化にともない、住む人の体力の衰えや障害に合わせた住環境作りが求められているんですね。

selected entries
categories
sponsored links